【小話】戦後 食糧難と寄生虫と人糞肥料と肥溜めと

歴史小話

平安時代のことを調べていたら古代の人たちがいかに「虫」による病気に苦しめられてきたか知った。蚊に刺されると高熱が出て命を落とすマラリア、ダニに刺されると高熱で死んでしまうツツガムシ病、住血吸虫に感染すると腹が膨れて死んでしまう地方病、線虫がリンパ管に住み着き足や陰嚢が極度に肥大化するフィリア症など、虫が媒体となったり寄生虫が体に住み着くことで発症する病気が当時から既にあった。

これらの怖ろしい病気の治療法が確立するのは戦後になってからであるが、それらの病気に関する本を読んでいると、戦後の日本では多くの人たちが寄生虫に苦しめられていたことも知った。戦後の食料難では糞尿を使った肥料で農作物を作っていたため、寄生虫が人体に住み着いていたのだ。当時の衛生状態は酷いもので、寄生虫が「国民病」といわれた「寄生虫蔓延時代」だった。

食料不足のために、貧困な土壌で作物の生育をよくするために、人糞がそのまま散布され、便所内で発育した幼虫や虫卵が土壌内で孵化して作物に付着し、口から人体に入るということが絶えず繰り返されて、回虫、十二指腸虫、蟯虫、緶虫を主体とした土壌由来の寄生虫類が大流行した。

作物の育成を急ぐあまり、汲み取りをしてそのまま田畑に散布したことが、寄生虫の温床となった。肥溜めに人糞を入れておくと、日光により高熱を発し、糞の中にいる菌や寄生虫が死滅して発酵する。発酵による熱は70度にもなるという。その段階を経て散布すれば問題はなく、肥溜めには然るべき先人たちの知恵があったことが分かるが、そうしたことがされずに人糞が散布されると体内に寄生虫を宿すことになってしまう。当時は生肉を食べる人もいたらしく、そうした人も当然寄生虫にかかった。

寄生虫が増え体調が悪くなり、虫下しを飲めば口から虫を吐き、激痛に七転八倒している患者を開腹してみると、腸内にびっしりと虫がとぐろを巻いて詰まり、医師が5人がかりで丸一日かけてピンセットで取り除いたなんてこともあったらしい。生サバを食べた患者が、アニサキスが胃の壁を突き破って肺の中に入り込み胃潰瘍と肺炎が併発して手遅れになったケースもあった。

戦前には回虫駆除薬としてサントニンというヨモギを原料とする虫下しの薬がソ連から輸入されて使われていたが、ちなみにこの薬は回虫には効くが蟯虫には効かないもので、多量に投与すると眩暈、感覚異常をきたし、視力の低下を起こし副作用があり問題があったが、回虫駆除の面では効果があるということで大目に見られていたらしいが、戦後はソ連との関係悪化により一切輸入されなくなる。

そこで古来から日本で生薬(しょうやく)として用いられてきたマクリという海藻に含まれるカイニン酸が代替品として使われるようになるが、マクリが高騰してしまう。簡単に手に入らない地域では、蕎麦の煮汁を飲むという根拠のない民間治療に頼らざるを得ずないといった時代だった。複数の寄生虫を持つ患者も珍しくなかった。マクリは本州太平洋岸南部、四国、九州、南西諸島に分布していたらしい。沖縄ではマクリの高騰により採り尽くされたともいわれている。

朝鮮特需により景気がよくなりインフラも整備されるようになると、農業で化学肥料が導入され、下水道が整備され、水洗便所が普及し衛生的な生活となり、検査や駆虫薬などの対策によって感染者は非常に少なくなるのだが、それまでは日本人の80%が何らかの寄生虫を宿していると学会で報告されていた時代だった。現代に生きる自分にとっては寄生虫は関係のないものだが、祖父や祖母が生きていた時代のことだと思うと、他人事には思えない。

参考文献
小林照幸『死の虫』中央公論新社(2016)
小林照幸『フィラリア』TBSブリタニカ(1994)

コメント

タイトルとURLをコピーしました